在宅歯科サービスの yui ニュースレター

yui(ゆい)トップページへ 訪問歯科のご依頼はこちら 歯科衛生士の訪問口腔ケア(お口の健康指導) 口腔ケアセミナー 訪問歯科等のお問い合わせ

「歯科衛生士のコラム」〜義歯の金属部分の汚れ、気になりませんか?〜(2012/4/1)


入れ歯の方から多く聞く訴えあります
入れ歯の金属の部分(歯にバネをかける部分)が黒くなってしまった!ということ。
そうおっしゃるか方に、普段はどういう風に使ってます?と聞くと、『寝る前に洗浄剤をいれて、一晩中浸けて、朝水洗いをして使う』と言われることがよくありました。

浸ける時間が長いから?毎日使っているから?洗浄剤の製品説明を間違って解釈しちゃってたりするのかな?などといろいろ考え・・・答えがわからずモヤモヤしているのは嫌だったので、CMでもよく見る洗浄剤メーカーさんに問い合わせをしてみました。

『なぜ、洗浄剤を使ってたら、金属の部分が黒くなるのか?』 この疑問にズバリ答えてもらいました。

義歯に使われている金属は百何十種類もあり、歯医者さんによって使う金属も違うので一概には言えませんが、結局は洗浄剤と義歯の金属の相性だと言われました。
浸ける時間が短くても大丈夫とは言い切れず、中には長時間浸けていても変色しないのもあったり、銀の含有量が多いと変色したりすることもあるそう。
自社製品の宣伝もさらりと含めつつ・・中には、『金属が腐食しにくい成分が入ってるのもあるよ』と教えてもらいましたが、それも絶対に黒くならないとは言い切れませんと言われました。

問い合わせたメーカーさんに教えてもらったセルフケアとしては、金属の部分に歯磨き粉を付けて磨いてもらい(大抵の歯磨き粉には研磨剤が含まれているので、傷つきやすい義歯の本体部分を磨いてはダメですよ)、最後にアクセサリーなどについてくるクロスを使って仕上げ磨きしてもらうといいということです。
黒いまま使ってもらっても大丈夫ですが、見た目も重要なので・・・。
特殊な形をしているのでけがをしないようにだけは気をつけてもらいたいです。

でも最終的には、『歯医者さんで磨いてもらう』のが1番だと言われました。

それだけのために歯医者さんに行くのも気が引けるかもしれませんが、ついでに虫歯や義歯の傷などの再確認や歯石や歯垢の除去もしてもらえていいのではないでしょうか??

【歯科衛生士 Y】



メールフォーム 在宅歯科サービス yui(ゆい) トップへ